グランドキャニオン国立公園の写真


グランドキャニオンの歴史

グランドキャニオンには何千年も前から人間が住んでいましたが、アメリカ合衆国およびヨーロッパから渡ってきた人たちにとっては未知の領域の1つでした。

巡礼始祖(ピルグリム)がプリマス・ロック(Plymouth Rock)に上陸するより80年も前、1540年にグランドキャニオンを眺めたスペイン人達がここを訪れた最初の西洋人でした。

スペインの探検家であるフランシスコ・コロナドが、伝説の黄金都市「シボラ(Cíbola)」を求めてこの地を訪れた時、インディアンが北に向かう大河について彼に話をしました。 彼は、ガルシア・ロペス・デ・カルデナスと12人の仲間をこの大河探索に派遣しました。カルデナス達はインディアン(ホピ族)に先導され、20日間歩き続けた後ようやくグランドキャニオンの縁(リム)にたどり着きました。

グランドキャニオンの峡谷の深さと壮大さは彼らの理解の範囲を超えていました。3日間も困難な時を重ねてやっと河(コロラド川)への道を発見しました。 上方から見ればいともたやすくたどり着けそうに見えた川ですが、非常な苦難を強いられました。結局、彼らは全行程の3分の1くらいしか進むことができませんでした。なぜなら、インディアン達は彼ら(侵入者)を全く信頼していなかったので、わざと障害の多い道筋を案内したからです。結局、コロナドと彼の仲間達はあきらめて、他の伝説を求めて去って行きました。

グランドキャニオンとその魅力はさらに2世紀の間、昔からの住人であるインディアンの手に残される事になりました。 グランドキャニオンは、1869年までほとんど世間から注目されることはありませんでした。 南北戦争の勇士であるジョン・ウェズリー・パウエル少佐が、その年に4隻のボートを用意してコロラド川の探検に出発しました。探検旅行は長い時間と困難の連続で、パウエルは2隻のボートと3人の部下をその旅で失う事になりました。 パウエルはコロラド川を探検するうち、72日後に今ではミード湖と呼ばれる湖を偶然発見しました。 パウエル少佐の探検は峡谷の科学的な研究を推進し、観光の奨励に役立つという成果をあげたのです。1870年までには、サンタフェ鉄道がグランドキャニオンに到達し、輸送を開始しました。1919年、議会の条例の下にグランドキャニオンは国立公園に指定されました。

グランドキャニオン国立公園が満喫できるツアーの御紹介はこちら

グランドキャニオンの特長

グランドキャニオンで見られる動物

グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオンの壮大な景色

グランドキャニオン国立公園が満喫できるツアーの御紹介はこちら


国立公園内の交通機関

グランドキャニオン国立公園内には無料のシャトルバスが全部で3路線あります。このうちの”Hermit's Rest Route”(West Rim Drive)は、3月から11月までの運行となり、冬期は運行しておりません。 その他の2つの路線(Village RouteとKaibab Trail Route)は年中運行しております。

グランドキャニオン無料シャトルバス路線図 (PDFファイル)

他にはタクシーサービスがあります。
レンタカーのオフィスはグランドキャニオンには1つもありません。(2014年4月現在)

グランドキャニオン国立公園の地図

グランドキャニオン・サウスリム中心地 (PDFファイル)

グランドキャニオン国立公園全域図 (PDFファイル)


グランドキャニオン・ウエスト

グランドキャニオンの絶壁に立つハイカー

グランドキャニオン・ウエストは、グランドキャニオンのサウスリムやノースリムよりも西側にあるのでラスベガスからの距離も近くアクセスが良好で、とくに近年人気が出てきている場所です。このあたりは、正式にはワラパイ・インディアンの居留地(Hualapai Indian Reservation)となっておりグランドキャニオン国立公園の管理外の地域です。

そのためか、「ここは本物のグランドキャニオンではない」などというようなことが言われることがありますが、それは大変な誤りです。 そもそもグランドキャニオンというのは、アメリカ南西部のものすごく広範囲に渡るコロラド高原(約33万7000平方km=日本の総面積の約9割)の中を流れるコロラド川が、大地を侵食したことによって出来た巨大な峡谷なのです。 実際に、ラスベガスの貴重な水がめとなっているラスベガス郊外のミード湖にコロラド川が注いでいるあたりまでグランドキャニオンは続いているのです。

グランドキャニオン周辺にはたくさんの先住民(インディアン)が住んでるので、アメリカ政府が管理する「国立公園」という形ではなく、彼ら先住民のためにいくつかの自治区を設けています。グランドキャニオンの谷底にある”伝説の秘境”として人気の高いハバスパイ(Havasupai)は、グランドキャニオン・サウスリムからヘリコプターで行くことが出来ますが、その地域も正式にはグランドキャニオン国立公園ではなく、ハバスパイ・インディアン居留地(Havasupai Indian Reservation)です。 しかし、ハバスパイが本当のグランドキャニオンではないなどと言われることは、まずないでしょう。 そこに広がる景色は紛れもなくグランドキャニオンであり、地質学的にもキャニオン(峡谷)が創られた過程も同じです。

「本物のグランドキャニオンではない」と言われる理由は、グランドキャニオン・ウエスト空港や展望台のある場所は国立公園に指定されている地域ではないということだけです。 しかし、コロラド川を挟んだ向こう側(対岸)はグランドキャニオン国立公園の管轄地域なのです。川を挟んだ片方がグランドキャニオンだけど、もう片方はグランドキャニオンではないなどということは非常におかしな話です。それは単に、どこの、誰が、管轄しているかだけの違いなのです。 実際にグランドキャニオン・ウエスト(インディアン居留地側)の絶壁に立って対岸を見れば、その偉大さも、何億年に渡る地層にも、何の違いもないことがわかります。

グランドキャニオン国立公園が満喫できるツアーの御紹介はこちら

グランドキャニオン・ウエストの魅力

むしろ、このグランドキャニオン・ウエストは、国立公園にされていない分、大自然が手付かずの状態で残っており、柵なども一切ないところがほとんどで、それが大きな魅力となっています。さらに、グランドキャニオンのサウスリムやノースリムは標高も高く、峡谷の幅もあまりにも広いため、谷底を流れるコロラド川も非常に遠くかすかに見えるだけで、実際に目で見てもどの程度の距離なのかわからないことでしょう。対してグランドキャニオン・ウエストは、峡谷の幅と標高が若干低い分、距離感がつかみやすいでしょう。 大自然との一体感はこちらのグランドキャニオン・ウエストのほうが得られるという声も多くあることは事実です。

モニュメントバレーが国立公園になっていない理由の1つでもあるのですが、国立公園となると規制が大変厳しいため、数々の制約が生まれます。 このグランドキャニオン・ウエスト地区ではヘリコプターでコロラド川が流れる谷底に降りたり、その谷底を流れるコロラド川をボートで遊覧するというようなことも、ラスベガスからの日帰りツアーで可能です。

グランドキャニオンの谷底へ降りることができる日帰りツアーの一覧

2007年春には、このグランドキャニオン・ウエストに「スカイウォーク」という新名所が誕生しました。スカイウォークはグランドキャニオンの絶壁に作られたガラスの橋で、その高さは実に1200メートル...絶壁から約20メートル空に突き出たガラスの橋は 地上にあるどの高層ビルよりもはるかに高く、まさにその名のとおり「空を歩いている」ような感覚です。世界中探しても他にこんな場所はないでしょう。

規制の厳しい国立公園の管轄地域内では、このような物を作ることは不可能なのです。

このように、以前は国立公園が管理するサウスリムやノースリムが観光の中心だったものが、グランドキャニオン・ウエストの魅力が発見され、さらにスカイウォークという新名所も誕生したことにより、近年特に人気が出ています。

グランドキャニオン・ウエストとサウスリムとの違い

グランドキャニオン国立公園の中心地であるサウスリムと、このグランドキャニオン・ウエストの違いは標高と峡谷の深さの違いです。

国立公園の観光の中心地であるサウスリムのビレッジと、コロラド川が流れる谷底との標高差は場所によりますが平均で1500メートルほどです。グランドキャニオン・ウエストでは1200メートルほどなので、約4/5の深さということになります。 しかし、4/5のサイズになっても、それに代わるメリットも存在することも確かです。サウスリムよりもラスベガスからの距離が近いので、所用時間が短くてすむこと、地理的条件、標高の違いによってグランドキャニオン・ウエストのほうが悪天候になる確立が低いこと 、そして上記にもあるとおり、手付かずの大自然が残っていて自然との一体感が得られることなどです。飛行機に弱い方、あまり長い間の飛行は辛いなどという方にはグランドキャニオン・ウエストのほうが安心かもしれません。また、そのような方はバスツアーもオススメ致します。グランドキャニオン・ウエストも、グランドキャニオン・サウスリムもバスで行くツアーを行っております。

バスで行くグランドキャニオン日帰りツアーの一覧

グランドキャニオン国立公園が満喫できるツアーの御紹介はこちら

よくある質問と回答/FAQ キャンペーン情報 飛行機のご紹介 ツアーに参加されたお客様の声